さらしなの里自然保育「ぼっこ」

さらしなの里自然保育「ぼっこ」

お知らせ

2020/01/07
スタッフを募集しています!
2019/12/23
ホームページを開設しました

もってうまれた色に

今しかできないこと 大切な階段
ちゃんとしっかり踏みしめて
目に見える 何かができることよりも
目に見えない心のふくらみ大切にしたい

やわらかく いつも形を変えられる 決してつぶれない 丈夫な心
裸足で大地を踏みしめ 手で草をつかんで 登って登って
その先に何があるだろう

子どもも大人も 出会ったときから 弱虫・強がり・色々な個性
一人ひとりがかけがえのない存在
そのままでいい 違いを尊重し合い頼り合おう

 

はるなつあきふゆ… みんなといるうちに…
いつのまにかもっと素敵になっていく
みんなの中で輝く自分
大きな世界へ羽ばたける底力を育みます

 

代表 北澤 美香

「ぼっこ」の名の由来

「ぼっこ」とは、昔からの蔵の守り神、妖怪とも。
体は子どものようで小さく、神がかった力を持ち、人を助ける。
そしてもうひとつ、ひなたぼっこという言葉があるように、惚けるという意味。
こどもも大人も、大切な「今に惚けたい」という願いを込めて。